読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モバイルボヘミアン|家族もちパパ型

3人の子を持つパパ型モバイルボヘミアンの実験Log

家族持ちのモバイルボヘミアンはいけるのか!?

ぼくが初めて「モバイルボヘミアン」という言葉を知ったのは本田直之さんのTraveLifeという本からだった。

 

TraveLife クリエイティブに生きるために旅から学んだ35の大切なこと

TraveLife クリエイティブに生きるために旅から学んだ35の大切なこと

 

 

何となくこれまで普通に出回っていた言葉「ノマド」というのがあまり自分にはしっくり来てなかったので、どう言えば自分のライフスタイルやワークスタイルをうまく表現できるんだろう???

 

って悩んでたところに「モバイルボヘミアン

 

はい、決まり。

 

そしてつい最近、モバイルボヘミアンの代表格である本田直之さんと四角大輔さんの新書がでた。その名はズバリ『モバイルボヘミアン

 

モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには

モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには

 

 

めちゃくちゃ楽しい1冊だった。

ぼくはまさにお2人が本書でも書いているモバイルボヘミアンだと思う。

 

移動生活は10年前から始まり、デュアルライフを一番最初に手に入れたのは28歳の頃。ハワイと大阪だった。

 

しかし思った以上にハワイをベースにすることができず、断念。1回目は失敗に終わった。これも本書で2人の体験談で登場する通り、「実験」と「検証」が足りなすぎた結果だったと思う。

 

またこの辺のストーリーは追って紹介していきたい。

 

30歳になって、宮崎県と大阪の2拠点に住居を構えるようになり。まぁ今に至るわけだ。

 

「モバイルボヘミアン

 

何度聞いても心地がいい言葉である。

 

本田直之さん、四角大輔さん。。。。

 

お2人の本を読んだり、セミナーに参加したことがある方ならわかると思う。「惚れてしまう」その彼らの魅力が。

 

しか〜し!!!!

 

しか〜〜〜し!!!!!

 

ちょっと待って、待ってください。

 

お2人だけでなく、モバイルボヘミアンと名乗る(名乗らなくてもそれに該当する)人たちが決して触れないコアがある。

 

それは家族の存在だ。

 

本田さんの本も、四角さんの本も、

 

えっ!?それ独身やから、自由の身やからできることですよね!?ってツッコミを入れたくなって仕方がない。

 

モバイルボヘミアンになるためには・・・・の説明では

 

・お金から自由になり、リスクをとる勇気を得る

・ミニマムライフコストを把握する

・アーティストのように生きる

ベーシックインカムを自分で作る

・「旅」そのものを生活にし、仕事にする

・本来の自分を取り戻し、究極の自由を手にする

・自分の意思で人生を「デザイン」する

 

へ〜い!へ〜い!

 

奥さんや子供の存在がある前提の場合はどうするの!?ってテーマが多すぎて腰を抜かしそうになる。

 

>「旅」そのものを生活にし、仕事にする

 

これなんか特に。奥さんもモバイルボヘミアンじゃないと実際無理よね。

 

実際に本田さんの場合だと、奥さんの存在はあるがお子さんの影は見えない。そして奥さんもトライアスロンや経営をされているようで、モバイルボヘミアン

 

四角さんの場合は奥さんもお子さんもいないと見受けられる。(離婚されたそう)

 

 

さてぼくの話に戻るが、

 

ぼくは現在34歳。

 

妻は元公務員で同じく34歳。子供が0歳〜5歳まで3人もいる。

 

さてはて、こんな状態でもモバイルボヘミアンは実現できるのだろうか!?子供達が巣立ってからやっとモバイルボヘミアンになれるのか!?

 

いやいや、先が遠すぎて見えなくなる。体力と知力が衰えてからなんて絶対に嫌だ。

 

ということで、ぼくはあえて、

 

「妻と子供(3人)を持つパパのモバイルボヘミアンへの道」

をこのブログで記していこうと思う。

 

実際、ぼくと同じような立場でモバイルボヘミアンを達成している人ってめちゃくちゃ少ないだろう。もしかしたらぼくだけなのでは!?ってすら思う。

 

前提条件として、「家族が一番」という状態を維持できるのがぼくのスタイルだ。

 

「家族はいるけど、俺は自由にさせてもらってるからモバイルボヘミアン!!」ってのはなしだ。それは独身なのと一緒。

 

家族のことを最大に愛し、共に歩み、共に変化する。その変化を最大限楽しみ、子供達も変化に対応できる強い子に育つ。

 

第一回目のこのブログでは全てをうまく伝えることはできないけどwww

 

うそ偽りなしの、実体験だけを書いていくようにする。