パパ型モバイルボヘミアン

3人の子を持つパパ型モバイルボヘミアンの実験Log

糸島に4泊して楽しかったところ|ファミリー(家族)編

今年のGWは糸島にお邪魔している。ぼくらは大阪から車でやってきたので片道650Km、所要時間にして10時間程度だった。

 

あっ、10時間ってのはめっちゃくちゃロングな休憩を何度か取ったから。

ゆった〜り車で旅をするのが大好きな家族なんです。

 

糸島は最近注目の観光地らしく、GW本番に入ると福岡市内から若い男女がカフェスポットやビーチスポットにたくさん押し寄せてました。糸島情報をいくらか探したけど、ファミリーにベストな遊べる情報が少なくて、カフェとかお寺とかばっかり・・・。

 

なので今回は、実際に4泊5日も糸島だけに滞在したぼくら家族がオススメする糸島遊びスポットをご紹介してみる。

 

さてそもそも今回、なぜ糸島にしたのかというと・・・・・「宮崎よりもちょっと都会に住んでみたい」という妻からのリクエストでした。

 

ぼくら家族は現在大阪と宮崎県に賃貸の家をそれぞれ持ち、大阪8、宮崎2の割合でデュアルライフを送っている。まだ半々にならない理由は、子供が3人おるので彼らの学校環境などの理由から、まずは“ほぼ別荘的デュアルライフ”からスタートしている。

 

これぞパパ型モバイルボヘミアンのリアルな現状www

 

話は戻るけど、実は妻は大阪生まれ育ち。しかも市内で街のド真ん中。

だから宮崎市とは言え「やることない」「行くとこない」といいう不満を滞在8日目くらいからボヤき始める。

 

子供達は海や山や川で激しく遊んでいるんだけど、妻は「カフェ行きたい」「雑貨屋さん巡りしたい」とか言い出す。(もちろんそんな妻が好き)

 

実は宮崎市にもそれなりにイケてるカフェや雑貨屋さんなどはある。ただし大阪と比べると当然その数は少ない。個人的にはクオリティーはいい勝負してると思う。

 

そんなこんなで、妻からのリクエストで「糸島って良さそ〜」ってLINEが送られてきたわけだ。例によってキナリノさんの記事URLを添えて。

kinarino.jp

 

今回の旅ももちろんAirbnb

f:id:s-dragon0427:20170503065701p:plain

 

ぼくら家族は「住むことをイメージする旅」が前提なので、旅するときはホテルや旅館には基本的に泊まらない。その代わりAirbnbをかなり多用する。

 

Airbnbのいいところはその企業のコンセプト通り「暮らすように旅する」が体験できることろにある。

 

今回僕らが4泊させてもらったFumihikoさんの「糸島SURF&TRAIL」はヒットだった。ホスト(家主)のFumihikoさんがぼくの大好きなPatagoniaの元スタッフさんで現在地元の小学生を対象に「遊び」を教える遊びのプロだ。

 

おかげで子供達3人共がローカル(地元)の小学生と激しく遊んだり、笑ったり泣いたりwwwすることができた。最高。

 

こうしたローカルと近く接触できるのは「住むための実験」をするぼくらに取って一番大切なこと。こうした経験ができるのがAirbnbの素晴らしいところだと思っている。もしAirbnbをまだ利用したことがない人はチャレンジしてみてほしい。

 

 

何もわからずまず姉子の浜へ

f:id:s-dragon0427:20170503070848j:plain

 

糸島に無事到着しても、相変わらず基本ノープランの我が家。ひとまずゲストハウスに向かうが、途中で「鳴き砂」という看板を発見!!!

 

長男が「ママー、鳴き砂ってなに!?」って質問。

 

「鳴き砂ってね〜砂浜を歩くとピーピーって砂が泣くの」って妻が答えると、早速行ってみようということになり、まず姉子の浜に行ってみた。

 

xn--54q87zl1zrwk.com

 

5月の初旬だというのに、非常に暖かく。子供達も砂を掘って湧き出てくる海水を「温泉!温泉!」って喜んでいた。

 

非常にロングビーチでパノラマビューが楽しめる。GWにもかかわらず人が少なくて写真に他人が映らないというのはめちゃくちゃベストだ。

 

ゲストハウスから姉子の浜が非常に近くて便利。いつでも海を堪能できる。

到着した初日はここで激しく遊んで終了。

 

 

ゆっくり起きて、完璧な海鮮丼

f:id:s-dragon0427:20170503071940j:plain

 

翌日の朝はゆっくりめに起きて、遅めの朝ごはんということでやっぱり「海鮮丼ランチ」を探しに。するとローカルの人が圧倒的にオススメするのがこの塚本鮮魚店だった。

 

ここは人気店なのでオープンの11:30を前にしてこの行列ができている。

座席数はざっとみて1階に12組程度。2階に8組程度が座れる感じだったので、1巡目に並んどかないと家族では結構待つことになる。

 

とは言えぼくらが実際に並びだしたのは11:10くらいなので、そのくらいの時間に行けば十分一巡目に入れる。

 

入店するとメニュー表が渡されるけど、これがめちゃくちゃ見辛い。分かりにくい。それも笑えるほどに・・・・。

 

店員さんにかなり詳しく聞いた結果、ぼくら家族が選んだのが「極み海鮮丼」

こちらドーーーン▼▼

f:id:s-dragon0427:20170503165703j:plain

 

妻なんて、「今までに食べた海鮮丼の中で一番やけんけど!!!!」って感動していた。ぼくも同じくらい感動的にうまかった。子供達もガツガツ食べてて、大満足。

 

オススメはプラス120円でご飯大盛りにできるのでそれだ。

ぼくら家族の場合は、5歳の長男がよく食べるので大盛りにしておくと、妻と分けてちょうどいい分量。

 

ぼくは3歳の長女と大盛りをわけわけするとベストな感じ。

 

 

素人だけどガチ釣りやってみた

f:id:s-dragon0427:20170503171249j:plain

 

 今回の旅ミッションの1つに「釣りデビューする」ってのがあった。

長男の希望で、「釣りしたい!」がどうにも止まらない。

 

だけどぼくは釣り経験全くなし。

 

そこでさっき食事した塚本鮮魚店の目の前にある釣具店「中原釣具店」さんに立ち寄ってみた。。。

 

神レベルの接客対応に感動

f:id:s-dragon0427:20170503171639p:plain

 

いや〜だいたい釣りって好きな人が結構勉強してやってるやん!?

だから完全に素人のぼくらなんてお店が嫌がるんじゃないか!?

 

って思って恐る恐る入店してみたけど、この中原釣具店さんはありえないレベルの神対応で素人の僕らに一所懸命分かりやすくてシンプルで時短な解説をしてくれた。

 

こういう接客って本当に気持ちがいいし、感謝で何でも買ってしまいそうになる。是非糸島で釣りに初チャレンジしてみようという家族がいればここに立ち寄れば間違いない感じです。

 

竿を2本と撒き餌タイプの小さなエビ!?をたくさん購入。

糸と針のつなぎ合わせ方が分からなかったぼくらに変わって、優しすぎる店員さんが代わりに2本とも「テープを外せばすぐに使える状態」まで仕上げてくれました。

 

その間に妻はレジのお母さんと仲良く話してて、地元で取れた野菜が最高にうまい直売所を教えてもらってた。もう何から何まで感謝でしかない。

 

中原釣具店さんに教えてもらった、釣りポイントが「船越漁港」ここは小さな魚(イサキって言ってたかな!?)から時にはボラという大きめサイズの魚も釣れることがあるらしいポイント。

 

魚の名前を言われてもさっぱりイメージがつかないぼくらでも、船越漁港はすぐに見つけることができた。周りを見渡せば、10組くらい釣りに励むおじさんたちがいた。

 

さて、ぼくらも釣りスタート!!!!

 

中原釣具店さんがセッティングしてくれた道具を使って、餌(アミ)を詰めてファーストスローしたら、、、、、、

 

なんとすぐに釣れた。しかも5分くらいで3匹も!!!!

f:id:s-dragon0427:20170503172718j:plain

 

これが多分イサキって言ってたやつかな!?間違えてたらごめんなさい。

でも小さいけど唐揚げにしたらうまそ〜なタイプ。息子がバンバン釣り上げてたので感動した。軍手をつけないと魚をダイレクトに触れないところが素人感www

 

しかし・・・・・この3匹を5分で釣り上げてからは全く音沙汰なく。

「さっきの連チャンはまぐれか!?」ってほどに・・・。

 

40分くらい粘ってみたけど、特に何も釣れなくて。

どうしようかな〜って時に大きな当たりが!!!!!

 

まるでテレビで見かけるような釣りファイトが息子に勃発。

もうぼくも妻もキャーキャーなってたwww

 

ほんで息子1人で釣り上げたのが、なんとボラ!!!

f:id:s-dragon0427:20170503173109j:plain

 

結構でかくてビビったけど、最高にみんなで喜んだ。

周りの釣りオジサンからも拍手をいただき、「ツイテルネ〜」って褒めてもらった。

 

実は周りで釣りしてるオジサンたちは、ぼくらが子連れだからなのかめちゃくちゃに優しい。余ったエサを譲ってくれたり、釣り方を教えてくれたり。

 

釣った魚を血抜き!?してさばいてくれたり。

ぼくは釣り人をてっきり寡黙で怖めな人が多いと勝手に思い込んでたけど、本当にいい人ばかりで楽しかった。

 

この糸島での釣りデビューは是非オススメできる。

 

 

HINODE前のビーチはオススメ

f:id:s-dragon0427:20170504062643j:plain

基本的に子連れで糸島にきたら、海にいる方が間違いない。魚を釣ったり泳いだり(5月初旬でもぼくらは泳いでた)

 

子供達が何やかんや一番「帰りたくない!」って言うのは海だった。

大人も遊べて、子供も遊べる海ポイントの1つがHINODEさん前のビーチ。

 

HINODE | 糸島の夕日を眺めながら食事ができる!タコスとタンドリーチキンがオススメ!

 

糸島で15周年を迎えるHINODEさん。こちらのオリジナルタコスはめちゃくちゃうまかったのでオススメ。

 

こちらの駐車場に車を止めさせてもらって、(もちろん食事するか駐車場代金を支払わないといけない)道路渡ってすぐ目の前がビーチ。しかもそんなに人はいない。

 

ぼくの場合はサーフィンをするので、ラッキーにも膝サイズでメローな波が立ってたので入って楽しんだ。しかもぼくたった1人の貸切状態だった。

 

4泊5日の糸島滞在だったけど、とにかく海で遊びまくりだった。

ファミリーで行くと、カフェをのんびり楽しんだりすることがあまりできない。

 

ほぼ全ての糸島観光スポットをこの期間で巡ったけど、楽しくて滞在時間が一番長かったのがビーチでしたwww

 

 

そのほか行ってみたポイントの感想まとめ

最後に先に紹介した以外に、ぼくら家族が巡ったポイントを紹介して終わりにする。

糸島に家族で訪れる方に参考にしてもらえると嬉しい。

 

matome.naver.jp

 

まずここね。もちろん行ったけど写真撮って終わり。

天気悪かったらその写真もInstagramでかなり加工しないとねwww

 

ただこのブランコよりも、すぐ隣にあった手作り!?の遊具があった。

ここはまぁまぁ迫力があって、子供達は夢中で遊んでた。

 

 

www.mamushi-spa.co.jp

温泉が大好きな我が家。糸島でも温泉を楽しみにしてやってきたら・・・。

どうやらそれほど有名な温泉はないらしい。

 

ただローカルの人にオススメしてもらった、ここまむしの湯さんは温泉ではないんだけど天然の湧き水をボイラーで加熱した温泉で、とにかく水が綺麗。

 

露天風呂も様々な種類があり、子供達もはしゃいでいた。

ここはファミリーで行くべき温泉だな〜って思う。

 

 

xn--54q87zl1zrwk.com

マイナスイオンを感じて・・・・で!?って感じ。

まぁ感性が低いのかな、うちらはwww

 

 

おしまい。是非素晴らしい糸島家族旅を!